南側の屋根で、北側を温める、という離れ技。びおソーラー
いなほ工務店  出展工務店ブログ
  2017年02月09日

バンガ-ドハウス1号地は、「じべたの家」のネーミングの通り、1階の床は全て土間となっています。当初、夏は涼しくて良いが、冬は寒いのでは?と、様々な意見を聞き、私自信も少し不安がありました。しかし!!この家に搭載している「びおソーラー」詳しくは、 http://tenomonogatari.jp/bio-solar/

の威力は凄いです。簡単な話、屋根にて熱を集熱してそれを床に持って行くのですが、この冬、バンガ-ド1号地は無暖房で全く問題無の状態です。

当初、雨や曇りの日は効かないのでは?と考えておりましたが、晴れの日に土間が蓄熱され、次の日が雨でもそのまま暖かいのです。土間の蓄熱能力にも少し驚かせられました。

今里山はとても寒い季節です。是非実感、体験しにお越しください。

下の写真の四角いパネルが3つ並んでいるのが集熱パネルです。
IMGP2433
下写真の通り、1階は見た目には寒そうですが、とても温かいです。
_E9A2589

_E9A2580

びおそ-ら-1

2びおそ-ら-

pagetop