シンプルに住まう家 #24コタニ住研
コタニ住研  出展工務店ブログ
  2016年12月09日

_MG_9781

12月に入り、寒い日が続きますね。

今回は24号地についてのお話をさせていただきます。

写真をご覧になっての第一印象は、いかがでしょうか?これは二階なんです。

間仕切りは正面のドア奥の洗面・お風呂の壁だけ。他には間仕切りが一切無い広々とした2階の空間。

この住宅は、里山住宅の他には無い”ドミノ住宅”と呼ばれるドミノ工法で建てられた住宅です。

スケルトン・インフィルの考え方に支えられた、可変的で自由度の高い住宅です。

家族の人数や生活スタイルの変化に応じ、間仕切り壁を作ることも出来たり、間仕切り家具やカーテンなどで簡単に空間を分けることが出来ます。

この家は、これで完成ではありません。

お客様ご自身で家具配置を考えたり、間取りを考え楽しく自由に家を造ってあげて下さい。

 

11月20日の里山マルシェ
コタニ住研  出展工務店ブログ
  2016年11月15日

11月20日は第2回里山マルシェです。今回もハンドメイドをはじめカフェやリラクゼーションなど内容盛りだくさんです。バーベキュー講座なども実施されるそうです。ぜひお越しください!image image image image image

子どもの未来を育む家#7号地
コタニ住研  出展工務店ブログ
  2016年11月13日

里山住宅博オープンから早4ヶ月。
長らく建築中だった7号地が10月22日に完成お披露目会を迎えることができました。
屋根に突き出す煙突が目印です。
14720537_596051833918383_4994570054123929308_n

テーマは子どもの未来を育む家。薪ストーブを中心に「みんなの間」「食の間」「座の間」と、廊下を設けず、家のどこに居ても家族の気配を感じられる。これが当社が家を建てる時に大切にしていることの一つでもあります。

DSC_0630
DSC_0630

DSC_0625
DSC_0625

1階は、”音響熟成木材の黒”を使用。低温乾燥させた杉を焼き、古民家風に仕上げました。”幻の漆喰”の白が映えます。”幻の漆喰”はホルムアルデヒドなどの化学物質を吸収・分解する効果があり、半永久的に綺麗な空気の中で過ごしていただけます。

DSC_0626
DSC_0626

小上がりになった和室からは、里山の景色を独り占め。北東に里山が広がるので、7号地が最も開放感のある立地です。読書中目が疲れたら里山の緑を見て休憩してくださいね。

DSC_0634
DSC_0634

変わって二階は杉を焼いていないタイプなので、明るく子ども部屋にピッタリ。
10帖の子ども部屋は、将来的に2つに間仕切ることも出来る可変性を持った造り。
廊下に設けた小さな作り付けのテーブルは、家事スペースやパソコンに。

コタニのお客様は、ほとんどが小さなお子様がいらっしゃる方ばかりです。廊下を設けず各部屋をコンパクトに仕上げることで建築費を抑え、家族の距離感を適度に低くします。
三田でお仕事させていただいて50年。地元密着でお客様との繋がりでここまでやってこれました。
本社ショールームは里山住宅博から車で10分。こちらにもお越しくださいね。

七号地お披露目
コタニ住研  出展工務店ブログ
  2016年10月18日

IMG_1566
「グランドオープン7号地」

薪ストーブを中心に、「みんなの間」「食の間」「座の間」と、廊下を排した空間がつなかりを生み出します。
広い吹き抜けを通して
二階までもが一つになりいつでも家族の気配を感じられる、
空気の美味しいお家です。

皆様のお越しをお待ちしております。

◆コタニの元気な家◆
ホームページはコチラ
http://www.kotani-jyuken.co.jp/

株式会社コタニ住研

10月イベントのお知らせ
コタニ住研  出展工務店ブログ
  2016年09月22日

image9月も半ばを迎え、里山住宅博も秋が深まってまいりました。里山にとっていちばん心地の良い季節なのではないでしょうか。窓からは爽やかな風が入り一歩外に出ると里山の風景。癒されますね。
さて、そんな秋深まる里山住宅博にて10月2日日曜日、手作り感たっぷりの「里山マルシェ」開催します!カフェ、パン、お野菜、ハンドメイドの品々etc。もちろん素敵なモデルハウスも見学していただけます。この機会にぜひ里山住宅博へご来場ください。