村長便り
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2017年03月11日

住みだしっぺ(という言葉があるのかどうかわかりませんが)のふたがわ村長より…

「梅を見に里山を下る。少しずつ花が開いて、つぼみが増えて、春が近づいてくるのがわかる。結構ワクワクする。」
image
imageimage

三寒四温の谷間、寒の戻りを感じた日には…

「今朝は霜が降りてパリパリの地面。頑張れ果樹五木。と言いつつ、力づけられるのは僕の方だったりする。」
image
里山はいつも、住まい手のすぐ側にあります。時に子供のような、時に親のような、多様な側面を持つ隣人であり、同居人でもあるのです。

他にない、ここにしかない、里山と共に在る暮らし。

里山の遊び方〜さすがパパ!羨望のまなざしも夢ではないかも〜
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2017年03月11日

日曜日、お客様と梅をみながら、15号地前をスタートして、まずは東回りに、次に西回りにイーズメント(散歩道)を辿りました。見上げれば、素敵な山道とトンネルの家。自生の赤松の下には、トゲトゲ付きの松ぼっくり!
image
一同:「素敵な山道❤︎これみんながつくったら楽しいね。」

手づくりの山道を登るちびっこをみてお母さん:「勝手に上がったらだめよ」

わたし:「ここは敷地外の共用部分ですから、多分いいと思いますよ」
image
マンションの共用部分と違い、むしろ専用部分より「さわれる遊べる共用部分」としての里山、共有持分の人と近い自然。みんなが使っていいことを前提に、アクセスを良くしたり、足場をつくったり、常識の範囲であれば、より良い里山のために、より近くに里山を感じるために、活かす開拓はOKなのです。寛容な村長さんの存在もそれをきっと後押し!

たとえば、里山に突き出した大きなスカイデッキは、出展工務店メンバーからのプレゼント。お花見をしたり、バーベキューをしたり。床下に薪を干したり、幅広の手すりをカウンターに見立てて、絶景BARづかいだって。
image
里山は日曜日大工の桧舞台でもあるわけです。というわけで、おらにつづけとばかりに、里山整備を引っ張る6号地在住ふたがわ村長の率先垂範に期待しましょう 笑。

ちなみに、山道に用いられた丸太は、里山で伐ったばかりの生木なので、腐りにくいし、愛らしいしで、適材適所!さすが、建築家!
image
防腐剤いりのややこしい建材は、つこてないと言うことです。竹も丸太も、おらが山産材。あたりまえだけど、国産です 笑。
image

image
苗木の梅の花たちも、寒の戻りにマケズ頑張っています。開花まで、あともう一息。3/18.19.20は里山観梅会です。お楽しみに!

全てのモデルハウスは分譲しています。
北神戸、里山付き住宅に暮らしてみませんか?

15号地、大塚工務店です。
Facebook
工務店紹介
提案住宅イメージ

◎おひさまの力で、木の家をもっと愉しく。
地球市民は、「太陽の住む家」に。
大塚工務店は、びおソーラーが好きです。

明日3月11日は東日本大震災六周年
25号地 いなほ工務店  出展工務店ブログ
  2017年03月10日

明日3月11日は東日本大震災六周年となります。

私は、明日里山におりませんが、2時46分に1分間の黙とうを捧げようと思います。

下記は、内閣府のホームペ-ジに記載されている内容です。

http://www8.cao.go.jp/tsuitou/danwa.html

国民の皆様へ
(東日本大震災六周年に当たって)

政府は、来たる3月11日午後2時30分から、「東日本大震災六周年追悼式」を国立劇場において執り行います。

東北地方を中心に未曾有の被害をもたらした東日本大震災の発生から6年を迎えようとしています。
この震災によりかけがえのない多くの命が失われました。最愛の御家族や御親族、御友人を失われた方々のお気持ちを思うと、今なお哀惜の念に堪えません。
政府は、今なお多くの方々が避難され、不自由な生活を送られている現実を心に刻み、被災地の復興・創生に向けた取組を更に加速するとともに、大きな犠牲の上に得られた教訓を常に顧みながら、防災対策を不断に見直し、国民の生命・財産を守るため、災害に強い強靭な国づくりを進めてまいります。

この震災により犠牲となられた全ての方々に対し哀悼の意を表すべく、追悼式当日の午後2時46分に1分間の黙とうを捧げ、御冥福をお祈りすることとしております。国民の皆様におかれましても、これに合わせて、それぞれの場所において黙とうを捧げられますよう、お願いいたします。

平成29年2月21日

東日本大震災六周年追悼式実行委員長
内閣総理大臣  安倍 晋三

道の駅「神戸フルーツ・フラワーパーク 大沢」
25号地 いなほ工務店  出展工務店ブログ
  2017年03月10日

sss
プレミアムアウトレットに続き、里山住宅博から車で5分程度のフル-ツフラワ-パーク内に、農水産直売所、神戸土産販売施設、飲食・情報発信・休憩施設のそれぞれをサーカステントを連想させる3つの小屋で展開、
体験型商業施設として地域住民の方々の思い出を共有できるアミューズメントファームがオープン予定です。

http://fruit-flowerpark.jp/farm-circus/

簡単に説明すると新鮮な野菜や神戸牛が買えちゃいます。

工事には、里山住宅博の出店工務店のあかい工房さんも参加されていて、今からオープンが楽しみです。

里山住宅博→道の駅FARM CIRCUS→アウトレット→天然温泉 吟湯湯治聚落という1日を楽しく過ごすル-トができそうです。

オープンしたら、私がこのル-トをたどって報告致します。

里山25見所(キ-ポイント)
25号地 いなほ工務店  出展工務店ブログ
  2017年03月09日

里山25見どころ(キ-ポイント)を紹介致します。皆さまをご案内致しますのは、三ノ宮の雑貨にて出会った猿のドアストッパ-です。昨年は猿年の為、住宅博に昨年から出没しています。25号地内に居候していますので、是非探してください。よろしキ-ポイント!!

ちなみに玄関横の開店の上の玉は、杉玉と言いまして、本来お酒の新酒ができた時に吊るされる杉でできた玉だキ-
IMG_1044
室内から見るとこんな感じだキ-
IMG_1031
人気の室内勝手口。キッチン横のパントリーから玄関への動線は、今回とても人気だキ-
IMG_1030
玄関を入ってすぐに子供用の手洗いがあります。高さも低めに設計されていて、子供様も安心だキ-
IMG_1033
大変おちつく少し秘密基地の様な書斎。窓からは里山が眺められ、中二階に設置されているキ-
IMG_1027
キッチン横には奥様専用デスク。日々の家事の合間にパソコンもできるキ-
IMG_1028
2階は全ての部屋に風が回る様扉の上部が開閉するキ-
IMG_1026
薪ストーブもあるキ-
IMG_1035
実は、お風呂の窓から里山が見れる工夫があるキー
IMG_1037
IMG_1038
 洗面所のタイルはキラキラしていて女性人気NO1のタイルだキ-
IMG_10411
 主部屋は里山の夕日も眺められる落ち着いた空間となっているキ-
IMG_1040
耐震も凄く考えられていて、とても安心です。壁の上部の至る所が開閉するキ-
IMG_1043
 子供部屋の上はロフトとなっていて、使い方色々!! 収納たっぷりだキ-
IMG_1042
庭が広く、落ち着くキー
IMG_1034
 今年はとり年だッコッコ
IMG_0697

ちょっとおそめの、梅とウグイス
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2017年03月08日

斜面の傾きにマケズ、すっくと延びた、かよわい幹とカワイイつぼみ。小さな春が集まって、はじめての春を迎える梅の花の列が、里山に色を添えてくれています。ちらし寿司にのっかった薄紅色のでんぶのようで、なんだか美味しそうでもあります。

実際にこの前の日曜日、お客様と里山のイーズメント(散歩道)を歩いてみました。梅のつぼみと、白い開花直前のちいさな春はポップコーンのようで。そんな景色を眺めながらのお散歩はとっても気持ちがよかったです。
image
全戸里山付ということは、この里山が住まい手のものになるということ。憧れの山持ちさんです。しんどいことはみんなで割り算、楽しいことは掛け算に。里山におりて、住居を見上げてたら、きっと違う景色が見えてきますよ。
image
たっくさん植わった梅の苗木も、ちょっと開花がゆっくりで、今度の連休くらいに見頃になればいいなあと。里山に設えた竹の手すりをつたって、はじめの階段を降りた最初の散歩道。ここを歩けば、ちょうど目の高さに、ずっーと2列に梅が並んでいます。白と薄紅色を辿れば、里山暮らしを体感できますよ。
image
苗木がすくすくと育てば、こんな感じになる日もそう遠くありません。梅の名所になっちゃっりして。15号地では、甘酒や梅茶を振る舞って、すぐ前のスカイデッキで寛いでもらえたらなあと考えています。
image

つばめも、ウグイスも待ちに待った春を迎えに来てくれるはずです。

会期を終えて、人々が住み暮らす集落となったあとも、町内会主催の観梅会を催しても愉しいですね。物販をすれば収益にもなりますし、手塩にかけた里山のお披露目にもなります 笑。
image
そう、梅に水と愛情を注ぐのは、これをごらんのあなたかもしれません。

全てのモデルハウスは分譲しています。
北神戸、里山付き住宅に暮らしてみませんか?

15号地、大塚工務店です。
Facebook
工務店紹介
提案住宅イメージ

◎おひさまの力で、木の家をもっと愉しく。
地球市民は、「太陽の住む家」に。
大塚工務店は、びおソーラーが好きです。

里山開花状況
25号地 いなほ工務店  出展工務店ブログ
  2017年03月08日

里山住宅博のある上津台は、京阪神地区の中でも季節の移り変わりがメロ-です。

梅はあと一息の所迄来ました。3月中頃開花ですかね?
IMG_1049
里山には桜も沢山植わっています。こちらはまだまだです。住宅博を見ながら花見も可能です。注意深く見守って、開花速報後日出します。
IMG_1048
 夕日は最高です。
IMG_1045
薪のストックが心地よく感じられます。(グートンライフさんのモデル、見学は予約必要)
IMG_1046

篠山建築学校(仮)
12号地 大市住宅産業  出展工務店ブログ
  2017年03月07日

大市住宅産業が参画している篠山市若手工務店の会「住倶楽部(スクラム)」は

篠山市商工会の協力を得て、神戸芸術工科大学と産学連携事業を2014年から行っています。

最初から3年で1区切りということでスタートしたので、今回その総まとめの報告会が行われ、

関係諸団体の皆さまと、意見交換もさせていただきました。

IMG_2851

IMG_2852

古民家再生を通して、工務店の活性化を目指した同事業で、

当初のもくろみ通りメディアにも取り上げられ、知名度の向上にもつながりましたが、

それ以上にいろいろな波及効果もありました。

昨年の夏はドイツから建築を学ぶ学生が多数来日し、ワークショップを行いました。

里山住宅博にもたくさんの学生が見学に来てくれました。

そして、芸工大の学生が田舎町に定住し就職もしてくれました。

 

そういった延長線で、次年度からは、関係諸団体と連携しながら

「篠山建築学校」(仮)の設立を目指すことになっています。

世界中の建築を学ぶ学生が篠山に来てくれることを夢見て、新しい船出です。

ニュース10、建築協定と設計ルールの当初案
25号地 いなほ工務店  出展工務店ブログ
  2017年03月07日

昨年6月にオープンした里山住宅博ですが、取り組み自体はそのまた1年前から企画、立案されていました。

当時の様子を振り返り、今一度この里山住宅博の意義について書かれたニュースを随時アップしていきます。

ニュース10では、建築協定と設計ルール、外構コ-ドの細かい内容が記載されています。

実際最終の内容と、少し違う内容ですが、最初の案として出された物です。

最終この案が少し改良され、神戸市に提出され現在規定されています。

現在の物がお知りになりたい方は、参加工務店にお申し付けください。

大きな文字をご希望な方は、個別に問い合わせ頂けければ送付致します。

10-1
10-2
10-3
10-4

ニュース9、里山管理は重荷ではなく、「最高の娯楽」
25号地 いなほ工務店  出展工務店ブログ
  2017年03月06日

昨年6月にオープンした里山住宅博ですが、取り組み自体はそのまた1年前から企画、立案されていました。

当時の様子を振り返り、今一度この里山住宅博の意義について書かれたニュースを随時アップしていきます。

ニュース9では、里山住宅博の最大のテーマ「里山」についての記事となっています。

「里山」を掲げる事は簡単だが、実際手入れ可能なのか? という疑問は当初から出ていました。

この手入れに関しての答えが書かれています。

里山の手入れは重荷ではなく、「最高の娯楽」という答えは、私が一番気に入っているフレーズです。

大きな文字をご希望な方は、個別に問い合わせ頂けければ送付致します。

9-1
9-2
9-3
9-4