2期街区も里山住宅続々完成!
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2018年08月02日

9727EA88-C040-4BAB-9BB1-8A318E90CEEF0D67BBBF-01FA-4E9F-BDFE-9868383F56B5

二期街区も里山住宅が続々完成。人が住む木の家、暮らしを包む街として広がりを見せています。大塚工務店では、秋に里山住宅三部作の見学会を現在企画中。ご期待ください!

里山コミュニティという在り方
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2018年01月17日

IMG_4148先日、里山住宅の住まい手の皆さん、上津台百年年集落街区の自治会が呼びかけた、この冬1回目の住民による竹林整備がありました。

里山住宅、いいかえれば里山付き住宅の住人のマイ里山のお手入れですから、みなさん真剣です。子供たちも楽しみながら頑張ります。一人ではできないことも知恵を出し合って解決する、そんな豊かなコミュニティの要だったりもします。
IMG_4151
今回も北神戸田園ボランティアネットの皆さんをお招きし、道具やその使い方、危機管理の指導に入ってもらいました。繰り返しますが、ここは住民たちの土地なんです!

「夏は大変な量の草刈り、冬は山の整備と骨をおりますが、法面に植えた果樹やタケノコ、しいたけの収穫を楽しめる贅沢は他にはありません。何より景色を自分たちで作る! 大変なことも嬉しいことも自治会のみんなで一緒に体験しながら未来を作る!なんてすごく先進的な生き方、暮らし方でしょう。」ボランティアネット代表の佐藤さんは賛辞を惜しみません。
IMG_4152
また、「子供たちが安全に遊び駆け回ることができるようにと、お父さんたちお母さんたちが 、丁寧に作業してくれたのが印象的だった」とのコメントも頂きました。

しかし、作業が楽しいからといって先を急ぎ過ぎると長続きしません。ゆっくりじっくり、住人みなさんのペースで愉しみながら、里山と雑木林の整備はつづきます。あと、数回手入れすると 風と光が気持ちよく通る場所になるはずです。
IMG_4150
ガンバレ里山住宅!といつも応援頂いている佐藤さんなのでした。

もしかしたら、うしなわれた、しかし、かってあたりまえだった住むという人の営みの大切なことが、ここにはあるのかもしれません。
IMG_4147

【謹賀新年】ひょうご木づかい王国学校を迎えて
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2018年01月01日

皆さま、明けましておめでとうございます。
年賀2018
平成元号になり三十年という節目の年を迎え、里山住宅の建つ上津台百年集落街区も三度目のお正月を迎えました。

朝陽に照らされて目を覚まし、夕陽に背中を押されて軒をくぐる。台地の上から里山と、そのずっと向こうの山並みや集落から、おひさまの軌道を追うことのできる稀有な町がここにあります。

さて、新年よりハーバーランドから、木づかい王国学校が里山モデルへお引越し。実際の木の家に、迎え入れることで、より積極的に日本の木のこと、木の家のことを皆さんに、学び、体感して頂く設えを加えます。

つづく里山住宅博にご期待ください。

ここにしかない景色
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2017年12月19日

里山住宅の建つ上津台は、神戸市北区にあります。立地的、気候的には三田のそれが近いですね。海浜部と比べると、六甲山の北側になるので、冬の気温は少し低め。それでも寒さが暮らしに負担を強いることはない穏やかな気候です。そんななか年に一度か二度の積雪に子供たちは大喜び。煙突の上がる木の家では、薪ストーブが大活躍。

IMG_3709
今年も、少し早いですが、うっすら雪化粧の朝がありました。二川村長は、たまの雪や霜が、冬支度を愉しみ、暖をとれることを慈しむ機会になるといいます。穏やかで凜とした冬も愉しい里山暮らしなのです。
15135837_1120920801336754_1041449018239692853_n

下の写真は、去年唯一の積雪時。
IMG_3592

凜として朝日。
IMG_3231

そして夏の夜景。
IMG_3591

つづく里山住宅
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2017年11月20日

里山住宅住宅博は、2期工事、3期工事とつづいています。公開中の1期モデルハウスもご契約済みを除く木の家の全てが、住まい手を公募しています。里山のある町に住むという選択肢を改めて。

大塚工務店も2期工事にて、先日建前を行いました。
IMG_2649
IMG_2626IMG_2656IMG_2661IMG_2651
IMG_2645

「炎のある暮らしコンテスト」最優秀賞受賞!
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2017年11月20日

IMG_0588
先日発表会が行われた「炎のある暮らしコンテスト」にて、15号地 里山の杜「北風と太陽と里山が同居人」が最優秀賞を受賞しました!(審査委員長:建築家 京都造形芸術大学教授 横内敏人)
IMG_3770
ペレットストーブ、囲炉裏、薪ストーブなど地域由来の持続可能な木質燃料の利用と、火のある生活の愉しさを発信し続けます。

オープン中の里山住宅には、煙突が上がっている木の家もたくさん!薪をくべて、ストーブを焚いている暖かい室内を体感できるかもしれません。
image建築家 伊礼智さんと薪ストーブ
image造園家 田瀬理夫さんと薪ストーブ
image
建築家 堀部安嗣さんと薪ストーブ

お相手はプロデューサーの小池一三さんです。

IMG_20170211_104946

このまちの景色
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2017年08月31日

朝、庭に出れば、丹波の山々の向こうに昇る太陽。里山住宅に住む人は、毎日がビューティフルモーニング!で始まります。
IMG_0584昼は、内にいながらにして、里山と同居しているような贅沢を味わいながらのランチも。
IMG_0587
薪ストーブな季節には、直火料理が食卓を彩ることだって。筍、椎茸、栗、そして果樹の実。旬の山採りの幸が材料です。
IMG_0588
夜、夏の終わりの愉しみは、地元三田の花火大会。村の仲間と集い楽しむ夏の夜空。芝生の上は、ふわふわの桟敷席。
IMG_0585IMG_0586
最寄りの駅前では、月に一回のマルシェも。ご当地の逸品が集まる、ちょうどいい感じの小さなお祭り。そういえば、住宅博開催中も村の路地を回遊する楽しいマルシェを催しました。近いうちに村の有志で是非再開を!
IMG_0345IMG_0340IMG_0341
里山住宅界隈は、衣食住、どれをとっても逸品揃い。ほんまもんを見付けてシェアすることも、ここにしない楽しみのひとつなのです。里山住宅群は住む人を公募しています。

五花繚乱
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2017年08月22日

里山住宅の住人は、もれなく山持ちになれます 笑。山には果樹の苗木がた〜くさん。果樹五木と名付けた実のなる木。

ちょうど15号地の前の柿の木に、青い実がぶら下がっていました。IMG_0357

梅の木にもたわわに。IMG_0349

二川村長が毒味をしてくれました 笑。
IMG_0351
キレイな山吹色の琵琶も。
IMG_0350
実は琵琶の実はご近所からの頂きものだそうで、里山の琵琶の木は、村のみんなで愛をもって育てましょう。他に夏みかんと、栗の木を植えています。もちろん、柏や楢、桜など自生の樹々もたくさん。

庭の水盤には、水草の葉の敷布団にカエルが昼寝。IMG_0360
そして、野生の水仙が秋の訪れを知らせています。IMG_0352
収穫祭の実現を待ち焦がれ、みんなで育てるまちがここにあります。里山住宅群は住む人を公募しています。

枯木にキノコを咲かせましょう
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2017年03月26日

image
3/20(日)先日のシイタケ菌打ち体験のレポートです。
image
まずは、ホダ木にキリで小指くらいの穴をあけます。すると荒々しい横笛のような感じに。
image
その穴に、菌が仕込まれた栓を打ち込んでいきます。木槌でトントン。子供達でもかんたんカンタン大活躍。
image

image

image
お持ち帰り用の小さいの。
image
縁の下におきたい大きいの。
image
15号地 里山の杜にも据えてみました。未来の住まい手さんへのプレゼントです 笑。シイタケ狩りには一年くらいを要します。首を長くしてお待ちください。待つ愉しみを楽しめる、そんなスローなライフが里山スタイル。
17342960_1412161685508925_7399767189744752580_n