里山は笑っているか
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2016年08月04日

「言葉だけでない、本当の里山付住宅。 見て選んで、そこに暮らせます。」

本当の里山付住宅ってなんだろう。

それはきっと、里山だけでもいけない、庭だけでもいけない。まちとの接点を緑で造景し、つないでいくことからはじめよう。

そんな理念を実現すべく、指導的立場にいてくれたのは、緑の設計家の田瀬さんと林さん。後ろ姿は、仕事人としか例えようがない、えもいわれぬ静かでしかし熱いオーラに満ちていて。image
それを統括して大地におとしこんだ廣瀬誉という男がいる。毎日のようにこの緑の街区つくりの現場に足を運び、雨の日は傘もささずにカッパを濡らし、照る日には汗で全身を濡らしていた。もはや、Mr.ナリフリカマワヌである。

image
おかげで、寝そべっても痛くないフサフサの芝生のテラスもできた。水盤を優雅に泳ぐカエルを感慨深げに見る、先生ふたりの姿が印象的である。

真っ黒に日焼けしたホマレは工務店ブログをリードして、荒削りだがしかし、アイレベルで、時に立て続けに、まちの変わりようを伝えつづけた。きっと、現場で今日おこったこと、今起きている変化を伝えずにはいられなかったんだろうと推測する。

これまで、工務店は広報が苦手だった。ものつくりは得意でも、伝えるのがヘタクソなのである。

ヘタクソでもいいから、伝えてよ。その方が想いが伝わるよ。そんなOBの住まい手さんたちに支えられ、後押しされて、木の家群をつくり里山を再生するプロセスを、里山住宅博と題して伝えることにした。僕らにしかできない仕事をしよう、をテーマに。

だから、三世代において住み継がれる、緑いっぱいの百年集落を、真剣につくりあげようとする私たちの実践の肝は、ホマレが率いた緑の街区形成の現場にあった。image(15号地にて、林さんと緑の役割と方向性を確認する大塚/写真提供:廣瀬誉)

暑さのピークを迎える今、一旦の小休止を迎える緑の街区つくり。

今日も、各戸の担い手は、これを引き継ぎ、愛をもって緑を養生している。芝目を正し、小石を拾い、高木の鉢を守る。日が暮れる頃には皆が緑に水をやる。隣地境界となる生垣はなおさら、丁寧に。水をあげれないときは、誰かがかわりにそれをやる。

そんな風に、会期中の緑を皆で守る。秋になれば、成長の軌道にのるであろう苗木たちを枯らさないように。たとえば、垣根越しにお隣同士がちょっと世間話、そんな希望的観測もあるけれど、後は緑の成長に委ねよう。

住む人が笑えば、里山も笑う。
里山が笑えば、住む人も笑う。

そう、里山は木の家の同居人であり、
住む人は里山の居候である。image
そしてこの夏、ホマレは人生最愛の伴侶を迎え入れたのだった。
里山も満面の笑顔で、ようやったなあと背中をたたいている。
めでたし、めでたし。

夏だけど、夏だから。
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2016年08月02日

長かった梅雨、よく降った雨のおかげで、芝は定着し、苗木の背はピンと張りました。雑草も伸びたのはご愛嬌。在来自生の緑を活かすため、草刈り大会も行いました。(写真は街区工事リーダー廣瀬誉くん撮影)
image
降りしきる雨の季節の庭つくり、造園の職方には、大変な苦労を強いました。お陰様で、緑いっぱいの街区が形になりつつあります。

もちろん、その完成形は住まい手が決まり、集落となり、新しく植えた果樹五木の恵みを被るには、桃栗三年柿八年は少なくともいるわけで。

それでも。

切妻屋根の棟瓦には野鳥が止まり、背丈の伸びた芝生のテラスには雨蛙がかくれんぼ。子供たちが「みぃつけた!」とあやしたとたん、水盤にジャンプ!スイスイ泳ぐその速さは、リオオリンピックの水泳選手みたい。その様子に目を丸くするのは、街の子供たち。
image
暑さを逃れて、軒下の縁台に腰をおろせば、塩辛とんぼが四つの羽根を巧みに操って、一旦停止で「こんにちは」一筋の青は、空に抜けていきました。

何故でしょう。街なかのように蝉の合唱は耳に残りません。里山の蝉たちは幾分穏やかなのか、はたまた多様な生態系が過剰な発生を避けているのか。そんなどこか懐かしい蝉の声も含めて、ここには耳障りな音は何もありません。

昼下がり、西陽がさす頃、私達が里山と呼ぶ向こうの谷から、涼風が吹き上げてきます。北と南、家に居て対の窓をあければ、涼むのに機械はいりません。ここ里山の夏ばかりは、太陽も北風の涼には敵わないのです。深い屋根がつくる軒に佇む、日本の夏。
image
夕刻、あたりに帳が下りる頃、少し遠くにひぐらしの声が心地よく響いて。

夜、蛙の唄に交じって、キリギリスが音を重ねます。

あれ松虫が鳴いている
ちんちろ ちんちろ ちんちろりん…

童謡むしの声に謳われるような秋の夜長が今からたのしみ、たのしみ…
image
写真は草刈大会のリーダー、造園家の田瀬さん。ロマンスグレーの長髪をなびかせ、帽子と首の手ぬぐいがトレードマーク。

そうそう、大塚も手ぬぐいを愛していまして、15号地では、注染で有名な「にじゆら」さんとコラボした、暖簾をかけます。乞うご期待!

書を捨てよ、里山に出向こう
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2016年08月01日

IMG_3595
神戸電子専門学校の皆さんが、里山住宅博のまちびらきを聞きつけて、快晴の里山に課外授業に訪れてくれたのは、梅雨の明けた頃だったでしょうか。

「電子専門学校という名前ですが、電子だけではありません」地元関西のテレビCMでおなじみのセリフですが、実際に建築を学ぶ皆さんがたくさん来られました 笑。

建築インテリアデザイン学科の学生120名、当日は設計事務所や工務店の方もたくさん来られてたので、会場はお祭りみたいでしたね。

「現場力」というものがあるとすれば、本来それ仕事を実践しながら、トライ&エラーを繰り返し学ぶ力。ただ、一点生産の建築において、エラーは許されません。

ゆえにそれを学ぶことは、学生さんにとってとても大切なこと。

この時の様子を、先生が記事にしてくれています。当店15号地も、貴重な工事中の見学がかなったと、多くを割いて頂いてます。
imageimage
里山住宅博では、プロアマ問わず同じ志を持つ建築関係の方向けの視察受け入れと勉強会を行っています。

6月の住宅博スタート時を皮切りに、今日まで、既に大きいものでは3度4度とおもてなしをしました。各会共200名、300名と、予想を上回る動員に、注目の高さを知り、気を引き締めているところです。

なかでも、先だっての、神戸電子専門学校の若い皆さんに、少しでもその魅力が伝わり、次代の担い手を育むきっかけになれば幸いです。
image
↑お向いの吉住工務店さんでの講話。食堂を中心に大きな居間は暮らしのイメージも膨らみます。
image
↑ヴァンガードハウスご見学の様子。こう大人数になると、自ずと居間の掃き出し窓から入る形になりますね。
これこそが、開かれた里山百年街区の真骨頂。ハレの日にも対応できるオープンな設えは頼もしいです。↓
image

籠を編む人
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2016年07月20日

里山の現場には、鉄のかごを編む職人さんがいます。ブロックを積むということ、以外の方法で境界を形作っています。
image
錆びない特殊なメッキを施された網籠は、土留めになり、階段になり、芝生のテラスになります。自らに蔦をからませ、数年経てば、緑の塊に。籠は見えなくなります。
image

image

image
ひとりの造園家とひとつの造園屋さんが、全ての街区を担うことで、統一感のある街並が出来上がります。といっても、街区によって、工夫は様々。15号地も待望の街区工事の順番が回ってきました。私たちがアースワークと呼ぶ、ココにしかない緑の下地、それらを見比べるなんて、ここでしかできない密かな愉しみかもしれません。imageimage
15号地、大塚工務店です。
→工務店紹介は、こちらから。
→提案住宅イメージは、こちらから。

木の家を土と石で仕上げる
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2016年07月15日

image
image
瓦の産地である淡路、それもこれも良質な土があればこそ。荒壁の土を畿内に供給してきた歴史もあり、畳の間には島で採れた赤い土を塗った。赤い左官仕事と智頭杉の天井が出会った。
image
image柔らかくて、多孔質な大谷の石。素足もよろこぶ、触覚が感じとる設えも一興。

15号地、大塚工務店です。
→工務店紹介は、こちらから。
→提案住宅イメージは、こちらから。

家具こそ大工が造り付ける
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2016年07月15日

image
大工の手による造り付け仕事をふんだんに。キッチン、食卓、洗面台、下駄箱…ハコモノ、サシモノも大工がつくる。箱階段は家具のような、収納機能付の昇降器、であ〜る。
15号地、大塚工務店です。
→提案住宅イメージは、こちらから。
→工務店紹介は、こちらから。

夏の主役あらわる
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2016年07月04日

image七月に入って、暑い夏日がつづきますね。皆様、冷房で夏風邪をひかないようご自愛ください。

さて、風鈴や水の音など、耳から届く涼はひとときの風流。風の日は、里山から吹き上げる、きまぐれな風が鳴らす鈴の音を聴きにきてください。

にわか雨が大屋根を流れる音、夕立が庭の芝を打つ音、集めた雨が鎖樋をつたう音。雨の日は、雨を愉しみにきてください。

晴れた日はどうぞ、お気に入りの木陰や軒下を見付けて、自由に休んでください。25号地に行けば、冷た〜い麦茶が迎えてくれます 笑。

先にみなさんが綴っているように、里山にはたくさんの動植物が住んでいます。もちろん、いい意味で、ですよ 笑。

今朝、少しですが、蝉の声を聴きました。蝉たちの音楽会も夏の風物詩。音を楽しむ気持ちで、暑さを乗りきりましょう。

蝶々も鳥たちも、里山の杜の同居人です 笑。
既に見たことのないような多彩な羽根をもつ蝶々を見ました。耳を澄ませば、鳥たちのさえずり。童心にかえって、小さな生き物を愛でにきてください。

オマケの写真は、参加工務店による懇親バーベキューの際の一コマ。U字溝に、溝蓋を利用した即席焼台。大工さんってやっぱり器用。大概みんな料理も得意なんですよ〜
image
15号地、大塚工務店です。
→提案住宅イメージは、こちらから。
→工務店紹介は、こちらから。

夕焼け空は赤い
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2016年07月01日

目の前には里山、小さな谷、池、茅葺の民家、そして、向こうにも里山、連綿と呼ぶにふさわしい、丹波の風景を眺めることができる宅地。

ほんと、ええとこなんです。

写真は、梅雨晴れの夕焼け。里山の空は今日も穏やかです。写真ヘタクソでごめんなさい。実物はもっとキレイです。

青春時代、甲本ヒロトは唄いました。

「幻なんかじゃない 人生は夢じゃない
僕達ははっきりと生きてるんだ

夕焼け空は赤い 炎のように赤い
この星の半分を真っ赤に染めた

それよりももっと赤い血が
体中を流れてるんだぜ

夕暮れが僕のドアをノックする頃に…」

感傷に浸りたいときに浸れる。
佇みたいときに佇める。
黄昏たいときに黄昏ることができる。

海のように、懐の深い風景はpriceless!

image

image15号地、大塚工務店です。
→提案住宅イメージは、こちらから。
→工務店紹介は、こちらから。

深い軒は住まいの体を表す
15号地 大塚工務店  出展工務店ブログ
  2016年06月15日

image
15号地、目下造り付け造作工事中ですが、毎週日曜日はご見学頂ける設えとしています。梅雨も愉しい、軒下や縁側の居心地を体感してください。

15号地、大塚工務店です。
→提案住宅イメージは、こちらから。
→工務店紹介は、こちらから。